これまでに釣りの経験がある人なら一つテンヤというのを知っている人も多いかと思います。
ですが、これまでに実際にまともに釣りをした事がない人は一つテンヤと言われてもどいうものか全く分からなという方も多いと思います。
では、実際に一つテンヤという方法で釣りをしようと思った時はどういう感じで釣りをする事になるのかというと、それはロッド&スピニングリールのライトタックルとテンヤひとつだけで真鯛を狙うシンプルな釣法になります。
なので、一つテンヤというのはすごくシンプルな仕掛けなだけに簡単で釣りの初心者でも簡単にできます。
それにもかかわらずスリリングで誰でも楽しく釣りができるというのがあります。
また、実際に一つテンヤで釣りをしようと思った時に何が必要になるのかというとまずは道糸が必要になります。
そしてリーダーとテンヤ、カブラとリールとロッドが必要になってきます。
ロッドは一つテンヤ専用のロッドが望ましいです。
そして、一つテンヤで実際に釣りをしようと思った時はエビ餌をまっすぐに丁寧に伸ばして針に付けましょう。
また全然あたりがないと感じたら餌だけなくなっている事があるのでこまめにエビ餌のチェックが必要です。

一つテンヤについて私が参考にしたのはこちらです⇒一つテンヤ

関連記事

    None Found