むくみというのは、体内の塩分のコントロールが悪くなっている状態です。
よくむくみが気になるから水分を控えているという人もいますが、水分を摂らなければむくみが改善するとは言い難いです。
病気などを除いて、むくみの予防に効果的な方法は運動をすることと食事を見直すことです。
元々塩気の多い食べ物が好きな人はむくみやすいので、カリウムを多く含むウリ科の食品を食べるように心がけたり、使う調味料を減塩に変えたり工夫をする必要があります。
特に塩分を摂りすぎている意識もないのにむくみが気になるという人の場合には、運動が効果的です。
運動といっても激しいものではなく、むくみの予防にはウォーキングです。
しっかりと足を使って歩くことで体内の水分の流れを良くすることができます。
むくみに関係が深いのがふくらはぎです。
ふくらはぎは第二の心臓とも言われていますが、ふくらはぎの筋肉が衰えてくると下半身に溜まった水分や老廃物を上半身に押し戻すことが出来なくなってしまいます。
そして夕方になるとむくみが気になるようになるのです。
歩くのは体力的に難しかったりする場合には、むくみ予防に1日に何回か足をマッサージすると効果的です。
空き時間にゴルフボールを足裏で踏んでコロコロ転がすと足先のむくみも解消しやすくなります。
またこういった予防法以外にもデトックスドリンクのコンブチャクレンズを飲むことによってむくみはかなり防げます。

もっと知りたい方はこちら⇒むくみ 予防

関連記事