気づいたらしみが出てきた…と悩む方、しみが増えた…と悩む方、今や女性だけでなく男性もしみケアをされる方が増えています。
でも、なぜしみができてしまうのか仕組みをしっかりと理解されていますか?
しみとは光老化が原因であり、その大元は紫外線です。春先になると「紫外線対策を…」とUV対策用品が出回りますが、そもそも私達は紫外線を一年中毎日浴びています。

しみは長年かけて蓄積されたものが表面上に出るだけで、ある日突然できるものではありません。
お肌は表皮・真皮・皮下組織で構造されています。
私達の表皮は0.2mmほどでティッシュ一枚の薄さ、真皮は1?3mmほどです。
想像以上に皮膚は薄いものかと驚きますね。紫外線は2種類「UVA、UVB」とありますが、しみを作る紫外線は主にUVBです。
UVBは表皮の1番下の細胞まで届き、そこにあるメラノサイトに刺激を与えます。刺激を受けたメラノサイトが細胞を守るためにメラニンが生成され、そのメラニンがはだの一つ一つの細胞となり28日かけて肌の表面上にあらわれてきます。
メラニンがシミの原因ですが、元々は防衛反応で出ており悪い細胞ではないなのです。
もちろん表面上にでてきたメラニン細胞はターンオーバーという仕組みで最終的に垢となりはがれていきます。

ではなぜしみができるのか。
そこには2つの原因があります。
1つは紫外線を過剰に浴びすぎること、もう1つはターンオーバーというお肌の生まれ変わりのサイクルが乱れてしまうことなのです。
特にターンオーバーで上手く細胞の生まれ変わりができないと、メラニン細胞が表皮上に留まってしまいます。
細胞も生きていますのでメラニンがどんどん増殖され(=蓄積)表面上にあらわれた時にしみとなるのです。
大まかにメラニンについて述べましたが紫外線対策はシミ・そばかす対策の第一歩です。そして光老化に対してのアンチエイジング対策でもあります。
これからますます強くなる紫外線にしっかりと対策していきましょう。

こちらも参考にしてみてください⇒しみ メラニン

関連記事


    私たちが体力の衰えを感じるのと同様に、私たちの肌も老化していくのです。 ホルモンバランスが乱れてコラーゲンの生成が減少し、肌の弾力性がなくなります。 紫外線のダメージでもメラニンを多く発生させしみを作…


    多くの女性が自身の美容面に日々気を配っていらっしゃると思われます。 毎日美容に効果的とされているコスメ用品やサプリを駆使されている女性も多いと思われますが、シミやシワが出てきてしまうと大きなショックと…


    美白美容液を使用する時は、顔全体にまんべんなく塗るようにしてください。 その点をしっかり励行すれば、 メラニンの生成そのものを抑止したりメラニンが真皮に沈み込まないようにできるので、 シミになってしま…


    ロスミンローヤルを楽天経由で購入することはできません。 それは、ロスミンローヤルが製造方法により月間2000個しか生産されないためです。 なので、大量生産ができないために薬局でロスミンローヤルを見かけ…


    健康食品につきましては、あくまでも「食品」であり、 健康でいるための栄養素の一部だと言われています。 そういうわけで、それさえ摂取していれば健康増進が図れるというものではなく、 健康維持に貢献するもの…