外壁塗装の色は、次の塗装までの約10年間は同じ色のままなので、納得のいく色選びをすることが大切です。
色選びのポイントとして、近所の家を見て自分好みの配色を探すことをおススメします。
生で見ることができるので、外壁塗装後のイメージがつきやすいですし、自分の希望するイメージを伝えやすいです。
また、インターネットで検索して希望の配色を探すこともできます。
外壁塗装の色を考える際に、玄関ドアやサッシなど変更できない色を知り、そのバランスを加味して色を選ぶことです。
サッシや玄関ドアはアルミでできていることが多く、塗装が剥がれやすい場所なので塗装しないことが多いです。
そのため、色が固定されている玄関ドアやサッシに合わせて、全体の配色を決めることがおススメです。
さらに、面積効果による色の見え方の違いを理解することも色選びには大切なポイントです。面積効果とは、目の錯覚で小さい面積に塗った色と大きい面積に塗った色が違って見える現象です。
外壁塗装の場合は色見本にあるサンプルが小さいので、実際に塗ってから思っていた色と違うということがあります。
なので、明るい色の場合は小さい面積より大きい面積の方が明るく見えるため、少し暗めの色を選ぶのがおススメです。
一方、暗い色の場合は、小さい面積より大きい面積の方が暗く見えるため、少し明るめの色を選ぶことがおススメです。
外壁塗装に多くの色を使用してしまうと、統一感がなくバランスの悪い配色になってしまいますので、複数色を使いたい場合は2色から3色に抑えることも色選びのポイントです。
こうしたポイントを知っておくことで、より納得した色を選ぶことが出来ると言えます。

外壁の塗料について詳しいことを知りたい人はこちら↓↓↓
外壁塗装 色選び

関連記事