太陽光発電は、建築物の屋根などのデッドスペースを有効活用できる方法であり、現在社会で欠かせない電気を自給することが可能です。
停電時の非常用電源としての活用術では、十分な性能がある蓄電池による電気のストックと、それを家庭内で供給するためのルートを整備しておくことが求められます。
非常時にシステムの切り替えでもたついてしまうケースが多く見られるので、せっかく太陽光発電のシステムが稼働しているのに自立発電ができない事態を防ぐために、制御系の切り替え方法を事前に練習しておきましょう。
通常の太陽光発電は、発電した電気を売ることを前提としている仕組みだから、その流れに最適化されています。
したがって、停電時には必要な操作を行いつつも、蓄電池やソーラーパネルから直接供給されている専用のコンセント等へつなぎ直すことが必要です。
電気の流れを普段とは大きく変える行為だから、家族全員が確実な操作を行うためのマニュアル作成や、正しく理解している大人だけが管理しなければいけません。
蓄電池の残量と発電量から、どの程度の家電の使用や、どれぐらいの期間を凌げるのかを把握して、貴重な電気を大切に使用しましょう。
優先順位をつけて、生鮮食品が入っている冷蔵庫の電力確保を最優先にするといった、的確な判断をすることで、より太陽光発電の活用術としての効果が高まります。
こちらも参考にしてください。⇒太陽光発電 活用術

関連記事


    太陽光発電システムとエネファームを両方取り入れることに伴い、太陽光の発電によって得られた電力の売電量を増やすことが期待されています。 エネファームで電力を賄いながら、太陽光発電で得た電力はあまり使用せ…