先日、大手IT企業のソフトバンクが社員の副業を解禁すると発表しました。
ほとんどの大手企業では副業禁止の就業規定がありますが、さすが時代の先をゆくソフトバンクです。

しかし、この流れが加速するかというと、なかなか難しい側面があります。

副業解禁したとしても、その企業にメリットがなくて、デメリットだけが目につくからです。

本来は、就業時間以外で何をしようと本人の自由ですし、それを制限するのは道義的に問題はあると思います。
しかし、何故か伝統的に副業は禁止というのが決まりになっている風潮があります。
なんというか、個人より会社のほうが大切という思想がある気がします。

昔はそれで良かったのかもしれません。終身雇用で、年金も万全。一つの会社に尽くせば一生が安泰だった時代もありました。

しかし、今はそうではありません。
大企業でも業績の悪化により大量のリストラが実行されることもありますし、最悪倒産することもあります。
一つの会社に尽くしても、それが報われない時代になってきています。

だから会社と一蓮托生するのではなく、それ以外に収入源を確保するのは個人の生存戦略として当然のことです。
そういう意味で、今後は副業が更に広まっていくべきだと私は考えます。

一番期待しているのが公務員の副業解禁です。
もし、これが出来たら、一般企業で副業禁止にするところはなくなると思います。

公務員だって、ほとんどの人は給料は安いです。できれば副収入がほしいと考える人は多く、しかし、副業禁止規定があるため安月給で我慢している人は大勢います。
そういうのって、憲法の観点からも問題だと思います。
就業時間内にやるのはダメですが、それ以外の時間でやるのは個人の自由です。そこまで国に個人を縛ることを強いてもよいのでしょうか?

副業はお金以外の面からも、本業にいい影響を与えることもあります。
新たな経験が新たな発送に繋がったり、あるいは副業で得た人脈が本業で役に立つこともあるでしょう。
そういう意味でも、是非副業を解禁してほしいと思います。

もし、国政選挙で副業解禁を公約にする党や候補者がいたら、絶対に投票しますし、そう思う人も多いので当選すると思います。
誰かやらないでしょうか?

なお、具体的な副業の職種については以下のサイトで紹介しているので参考にどうぞ。

参考サイト⇒まじめな副業

関連記事

    None Found