renga

外壁塗装がどのくらいもつのかは、住んでいる場所によって大きな差が出てきます。雨が降りやすいところ、台風が多いところ、海に近いところ、夏の気温が高温になりやすいところ、夏と冬の寒暖差が激しいところなどは、外壁が傷みやすく長持ちしません。大きな地震があると、外壁にひびが入りやすくなるために、補修や外壁塗装が必要になってきます。少しでも長持ちさせるためには、塗装において、重ね塗りをしたりさび止めを入れたりすることでも変わってきます。塗装で雨漏りを予防して、建物の内部にまで水が入らないようにすることで、木が腐らずに建物が長持ちします。外壁塗装がどのくらいもつのかは、短いところで10年ほどです。気が付かなければ、40年ほど塗装しないでそのままの家もありますが、よく見ると隙間が空いていたりひびが見られます。家を少しでも長持ちさせたいならば、10年ほどで業者に診断してもらい、塗装の時期を判断してもらうことが大切です。素人判断ではわかりにくいところがあるからです。雨風や雪、潮風は外壁を痛めます。温度が高すぎるとゆがみが生じたり、家にも隙間ができるように外壁も傷んできます。早目に対処することで、工事費用が安く済みます。

 

外壁塗装について、こちらにも詳しく書いてありますの参考にしてください。

⇒ 外壁塗装 どのくらいもつの

関連記事